きのこのトマト煮乗せひややっこ

こんにちは、ライターrie です。

女性の身体はとってもデリケートで、その心身はエストロゲンとプロゲステロンという2種の女性ホルモンのバランスに支配されていると言っても過言ではありません。

女性ホルモンのバランスを整えるためには、適度な運動、ストレス解消、そしてなんといっても食事が要です。

先に結論を言いますと、とっても簡単で当たり前の事です。

簡単で小さなことの継続と積み重ねです。

では早速、女性ホルモンのバランスを整える食事について、私の実体験を交えて掘り下げていきたいと思います。

女性ホルモンのバランスの乱れで起こるつらい症状と筆者の過去

では女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと実際身体にどんな事が起こるのでしょうか。

不眠
わけもなくイライラ
月経前症候群(PMS)
月経不順
無月経。
>>>>>ここまで来てしまうと、事件です。身体は悲鳴をあげて必死に警告を出しています。
無月経が長引くと、肌荒れ、しわが目立ったり、骨粗鬆症になったりと、いよいよ美容と健康に大きな影響を与え始めます。

20代の頃の私は、健康に無頓着で女性ホルモンのバランスはがたがたに乱れた食生活を送っていました。
飲酒、喫煙、インスタントや加工食品に満ちた食事。
今振り返ってみても終わってますね。3度の食事が3/3で乱れていました。
食事の内容には全く興味はなく、胃が満たされればそれで良しと考えていました。
美容に関してもそこまで熱心ではありませんでした。若さって恐ろしいです。

この頃、数々の不調をかかえていました。
しかし若くて愚かな私はこれらの不調が、
「女性ホルモンのバランスが乱れているからだ!女性ホルモンのバランスを整えるんだ!」なんて1ミリも考え付かなかったのです。

過去の自分に言いたいです。
それらの不調は、女性ホルモンのバランスを整える事で大きく改善されるぞ!!
今すぐ3度の食事を見直しなさい!!愚かな若者め!!

そして数年後私は結婚し、妊娠を望むようになり、いろいろと情報を集めて気が付きました。女性ホルモンのバランスを整える重要性とそのための食事に。

こんなにも荒れた生活をしていた私でも、食事の改善で身体は変化したのです。
整える方法はいろいろとありますが、運動、ストレス解消法などは人それぞれですよね。
でも、食事は誰しもが3食とります。今日からでもまずは食事を正せばよいのです。
少しの意識で大きな変化を生むのが食事です。

厳選!女性ホルモンのバランスを整える3大栄養素を補うにはやっぱり和食

次に、女性ホルモンのバランスを整えるために摂取すべき、厳選した4台栄養素を紹介します。
[ad#kiji-1]
1.イソフラボン
代表食材)豆腐(絹より木綿!)、納豆、調整豆乳、きなこ、煮豆、厚揚げ、薄上げ、味噌、醤油

2.リコピン
代表食材)トマト(普通のトマトよりミニ!)・スイカ・ピンクグレープフルーツ

3.ビタミン類B6、E、B5

B6 代表食材)にんにく、ピスタチオ、まぐろ、鶏むね肉、酒かす、レバー
E 代表食材)いくら、たらこ、モロヘイヤ、大根の葉、西洋カボチャ、しそ、えび、かに
B5 代表食材)銀鮭、イワシ、鶏もも、卵、アボカド、モロヘイヤ、納豆、大豆、インゲン豆

女性ホルモンを整えるといえば、大豆!と大豆や豆乳ばかり取り入れがちですが、
私たち女性の様々な心身の状態を左右する女性ホルモンのバランスを整えるには、
ホルモン分泌を促す大豆食品に加えて、ストレスと戦ってくれる栄養素であるビタミン類や、
強い抗酸化作用で私たちの美を保ってくれる栄養素であるリコピンを同時に身体に取り込む事が必要不可欠です。

私のような超絶ずぼら主婦でも!これらの栄養素は家庭での食事に取り入れやすい食材でまかなえます。
女性ホルモンを整える要はやはり食事だと思っていますので、簡単に手軽に、でも確実に食事を整えたい。
特にママさんは、夫や子供のことを優先してしまって、自分とじっくり向き合って自分だけの為に何かをする時間なんて取れないので、
やっぱり食事に少しの意識を持つことが一番の近道です。

整える意識を食卓に!やっぱり和食!我が家の食事例。

我が家は基本的に和食です。
*一汁三菜が理想ですが、一汁二菜、プラス生野菜サラダで落ち着いています。
*栄養素は効率よく摂る事を意識します。
*夫と娘はフルーツが大好きですので食後は二人に季節のフルーツを与えます。

<基本の献立>
魚(我が家の定番は鰤、銀鮭、カレイ、生ならマグロ)
お味噌汁 (豆腐 or 薄揚げ +きのこや根菜と組み合わせて。野菜室にあるもの適当に)
レタス・ミニトマト

 

これに副菜をもう一品!女性ホルモンのバランスを整えるためのこんなものを足しています
<キノコのトマト煮乗せ冷やっこ>
エストロゲン類似物質である大豆イソフラボンと、
熱を加える事で体への吸収率が高まるトマト煮と共に食す。
>>>ホルモンバランスを整え、美肌効果も同時に期待!!
[ad#kiji-2]
<納豆オムレツ>
>>>1パックで一日の必要摂取量をクリアしてくれる納豆はずぼら主婦の味方です。
そして、女性ホルモンの材料となる良質なコレステロールである卵と組み合わせてより強力にします。

まとめ

こうして私は結婚して初めて自分が食事を用意して誰かに食べさせる立場となり、やっと自分の身体にいいもの、女性ホルモンを整えるのに適した食事を考えた結果、悩まされていた数々の不調からは解放されました。

洋風の食事が悪!というわけではありません。洒落ているし、おもてなしの時にも洋風の食事ってなにかと提供し易かったり、子供も好んで食べやすいですよね。
ただ、私は洋食だと、複数の栄養素を一度の食事で摂るのが難しいと考えます。
パスタ、とサラダ、だけでいいの?
ハンバーグとにんじんグラッセ、だけでいいの?日本人の私たちには、なかなかバリエーションを増やすのが難しいと感じませんか?

和食であれば複数食材を組み合わせて、焼く、煮る、蒸す、などで様々なバリエーションを生み出せます。
私の場合は常に意識して和食に和食にしていくことで心身ともに健やかに過ごすことができています。

皆さんも、女性ホルモンのバランスが整う食事を心がけてイキイキ生活してくださいね![ad#kiji-3]

【a】Uber Eats 配達パートナー募集