タイトルなしウォーターサーバーのお湯で赤ちゃんにミルクを作りたいと思うママは多いと思います。では、ウォーターサーバーの水は煮沸する必要があるのでしょうか?

赤ちゃんにとって少しでも良いものを与えたいと考えるママはたくさんいます。そんなママたちの疑問を解決し、お得なお試しキャンペーンなどはあるのか、調べてみました。

ウォーターサーバーを置こうと思ったけど、どの水が良いの?

そんなママさん達が「なるほどっ!!」と思える体験談や情報をお届けします。

赤ちゃんのミルクの調乳に良い水って?煮沸は必要ないの?

ずばり!ミルクの調乳に良い水はミルクの成分に影響しない軟水のお水を選ぶことです。

軟水であれば基本的には安心してどの水も使用できるのです。

あとは使用する際の安全性利便性ではないでしょうか。

ではどうして軟水であればミルクの成分に影響しないのでしょうか?

多数のウォーターサーバー会社より色々な種類のミネラルウォーターや天然水、RO水などが販売されていて、その中で最近は「調乳にも使用できます」というのがひとつの売り文句になっています。

ミネラルウォーターや天然水と聞くと体に良いイメージでどれでも良いのではと思われるかもしれません。
・・・が実際は赤ちゃんにとっては良くないのでは!?という疑問が湧いてきました。

そもそもミネラルウォーターや天然水、RO水何が違うの?

ミネラルウォーターや天然水、RO水はそもそも何が違うのでしょうか。

ミルクの調乳に使えると聞きウォーターサーバーを設置しようと思った私。お水の種類が各社でたくさんあるのを見てどれが良いのか悩んでしまいました。

「ミネラルウォーターと天然水って同じじゃないの?RO水って?」色々な疑問が浮かんできました。

そこでまずは水についてどのようなものなのかを説明を調べてみました。

ミネラルウォーターとは、ミネラルの添加や一度ミネラル分を取り去って味の調整をし、再添加などをしたものをいいます。
また加工をしない天然水であるもの、それをナチュラルミネラルウォーター(天然水)と呼びます。

天然水とは、基本的に自然の源水を採水したものをいいます。
ろ過、沈殿、加熱殺菌のみを行っただけのものを天然水といいます。
文字通り「天然の水」です。

RO水とは、0.0001ミクロンの、ち密な逆浸透膜フィルターでろ過されたものをいいます。ろ過されたお水は有害物質などをほぼ取り除かれた純水となります。

簡単にまとめると・・・
ミネラルの添加や調整をしたものを「ミネラルウォーター」

自然の水を採水し添加など調整をしていないものを「天然水」

水に含まれるミネラルなどを全て取り除いたものを「RO水」となります。

水に含まれる成分や処理方法によって呼び方が変わるということになりますね。
※詳細については日本では農林水産省の品質表示ガイドラインが厳格に決められており、成分や製品として販売するにあたってその処理方法によって表示内容が定められています。ウォーターサーバー会社から出ているRO水の中には不純物を取り除いた後にミネラルを添加する添加型RO水と無添加型RO水があります。
タイトルなし3

調乳に使える水はどれ?

「水についてはわかったけど、じゃあ実際にどの水を使えばいいの?」と次の疑問が浮かんできました。

実際にどの水が調乳に適しているのでしょうか?

まずミネラルウォーターと天然水、この二つは多少なりとミネラル分を含んでいます。

ミネラルと聞くと体に良いので、調乳にも良い気もしますが、調乳にはミネラルウォーターや天然水は不向きだと聞いたことはありませんか?

実はミネラルを豊富に含むミネラルウォーターや天然水は赤ちゃんにとっては悪影響になる場合があるのです。なぜでしょうか?

それは、水には「軟水」と「硬水」があるからです。

【軟水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に少ない水
【硬水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に多い水

これは水の中に溶けているカルシウムやマグネシウムのミネラルの量(硬度)により分けられ、一般的に100mg/ℓ以下が軟水100mg/ℓ以上が硬水とされています。
※硬度の計算式=カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1
粉ミルクには元々ミネラルやたくさんの栄養素がバランス良く配合されています。そのため水のミネラル含有料が多いと胃や腸、肝機能の未熟な赤ちゃんにとってはミネラルの過剰摂取となってしまいます。

じゃあミネラルを含むミネラルウォーターや天然水はダメなのか・・・じゃあRO水がいいんだなと思ってしまいますよね。

・・・ですがそれも少し違います。
ミネラルウォーターや天然水でも「軟水」に分類される比較的にミネラルの少ないものは調乳に使用できます。

またRO水も市販されているものは基本的にRO水にミネラルを人工的に添加しているものがほとんどですが、軟水でしたら使用可能ということになります。

コンビニなど市販で売られているものには、軟水や硬水があるので調乳に使用するのは「軟水」と必ず覚えておきましょう。

実際に使用してみた体験談

軟水を使えばいいのはわかりましたね。ただ軟水といっても様々な水が販売されています。

「どの軟水が良いの?色々ややこしいしもう水道水で良いのでは?」またまた疑問が浮かんできました。

そこで実際に飲み比べ、調乳をしてみました。
タイトルなし4
私が使用したのは下記3社です。

3社とも調乳も出来る水として、また人気のサーバーレンタル会社としても有名です。

1社目コスモウォーター・・・RO水
カルシウム4.3mg マグネシウム1mg 硬度14.85mg
こちらはいわゆる添加型RO水でした。硬度も低くお水としては非常に飲みやすい口当たりだと感じました。
カルシウムなどミネラルを後から添加する事に、特に抵抗がない方なら料金も天然水より安く使いやすいと思います。
添加されるのは何だかいやだなと感じる方には、無添加型のRO水(純水)を出している会社もありますよ。

2社目フレシャス・・・天然水(バナジウム入り)
カルシウム5.7mg マグネシウム1.9mg 硬度22.04mg
硬度も低く飲みやすい軟水です。硬度でいうということなし!の水でした。が私が使用したものはバナジウム天然水というものでした。
軟水なので大丈夫だと聞き使用しましたが、私の娘(赤ちゃん)には合わなかったようで下痢がちになってしまいました。
軟水でもミネラルの成分により赤ちゃんにも合う合わないがあるようです。

3社目プレミアムウォーター・・・天然水(シリカ入り)
カルシウム3.2mg マグネシウム0.77mg 硬度83.157mg
硬度としては3社の中で最も高いです。こちらの商品はバナジウムは入っていないものですがシリカというミネラルの成分が含まれていました。硬度も高いということはミネラルも多い、、、大丈夫なのかと不安でしたが娘には合ったようで下痢も治りミルクもよく飲むようになりました。

3社とも「軟水」なので各社ともに調乳に使用できる水として出ている水です。
まずは硬度の低い軟水を選んでみるのが良いと思います。

バナジウムとはミネラルの一種で、血液をさらさらにしたり血糖値を下げて糖尿病を改善するなどの効能で知られています。糖尿病の改善だけでなく、成人病や生活習慣病に関しても予防効果があるとされていて、健康に良い水ということで近年注目を集めています。
ですが赤ちゃんが飲むと、特に下痢をおこしたり、肝機能に障害が生じるといった危険があることが指摘されています。

シリカ(ケイ素)とは自然界に広く存在するミネラルで、骨や血管、毛髪、皮膚など人体のあらゆる細胞を構成する物質です。特に皮膚に最も多く含有されており、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの構成成分として肌を健やかな状態に維持する役割を持っているそうです。アトピー性皮膚炎に効くという情報もあります。

最後に水道水についてですが、市販の粉ミルクは水道水で調乳するのに適したものとなっています。ですが水道水には微量ですが塩素が入っています。塩素には、大腸菌や黄色ブドウ球菌などを殺菌する役割があるのですが、雑菌をやっつけてくれる代わりに、トリハロメタンが発生します。これは発がん性物質になります。

発がん性物質が入っているのかと思うと、ちょっと怖くってしまい飲料水としてウォーターサーバーを使用しようという決め手にもなりました。

私がウォーターサーバーを選んだ理由
たとえば水道水でミルクを作る場合、一度沸騰させて菌を殺しますが、ウォーターサーバーを使うことで無菌状態のお湯をそのまま使用出来るので沸騰させる必要がありません。実はサーバーの電気代もポットでお湯を沸かしている料金とほぼ変わりません。ケトルで毎回お湯を沸かしているのならサーバーの電気代の方が安い可能性が高いです。

忙しいママさん達にとって、手間が省け時間に余裕ができるというのは嬉しいポイントですね。

そしてウォーターサーバーの天然水は元々有害物質の心配がない水を更にろ過・殺菌しています。RO水もRO膜で不純物をろ過しているので、有害物質がほぼ除去されているのでどちらも安心して飲むことができます

また最近では大型モールなどで試飲をしたり、お水の説明が気軽に受けれたりします。サーバーをすでにお持ちの方でも各社乗り換えキャッシュバックキャンペーンなど、お得なキャンペーンを行っているサーバー会社も多くあります。
こういった機会を利用してお水を選んでみるのも良いですね。

今お試しキャンペーンをしているウォーターサーバーはこちら!
↓ ↓ ↓
コスモウォーター
レンタル料金・配送料無料



【a】Uber Eats 配達パートナー募集